complex-plus

コンプレックスや恐怖症を克服、改善してプラスにしましょう。

コンビニで意識を失いそうな極度のあがり症が軽減した方法!あがり症のメカニズム!
あがり症の克服には「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」が重要!

コンプレックスを克服するには核にある傷を癒すことが必要!心の傷を癒すには「理」をもって過去の感情を「解」けば癒されます。

コンプレックスを克服するには核にある傷を癒すことが必要!心の傷を癒すには「理」をもって過去の感情を「解」けば癒されます。

コンプレックスを克服するには核にある傷を癒すことが必要です。

心の傷は、消し去ることも、忘れることもできません。そんな心の傷を癒すには、自らが「傷」 へと向かって進みだすことです。

これには苦痛が伴うこともありますが、複合的な感情の纏まりであるコンプレックスの核の部分には「傷」があります。

つまり、複合的な感情の纏まりで、傷が良く見えない状態なのです。だから、癒したくてもなかなか癒せないのです。時間とともに癒されていくこともあります。時間とともに癒されていくのは、人間関係の中で傷が癒えるプロセスを踏んでいたからです。

まず、出来ることはコンプレックスである「複合的なマイナスな感情の纏まり」に自分で向き合って一つずつプラスな解釈に変えて行く事が大事です。

つまり「過去を振り返り、過去に前向きに向き合う」のです。

過去に向き合う事は痛みを伴います。

しかし、それらの痛みの原因への解釈をプラスに変えることが出来たのなら、1つ1つの感情の纏まりが解けていき、とても素晴らしい財産になるでしょう。

過去は、まだ幼い自分ですから、意味づけを間違っていたことがたくさんあって当たり前です。

そんな幼さの中、間違った意味づけ、間違った解釈から作られた感情が無意識の中に纏まってしまったのです。

<< 下に続く >>

だからこそ、新しい解釈で過去の間違った解釈から生まれてしまった感情を新しい解釈で消していくのです。

そして、最後の「傷」へと到達したときに、そこまで到達するまでの新しい解釈、意味づけの繰り返しによって、あなたは大きく変わっていると思います。

その結果、傷も自然に癒えるでしょう。

癒しの本質は理解です。

をもって、過去の感情を紐いていくと、されるのです。

理とは(物事の筋道)です。

物事の筋道を正して過去の感情を紐解くと、自分の勘違い、認知の歪みであったことが分かって、解けていきます。

過去、まだ自分が未熟だったころ、勘違いや妄想などで生まれた感情があるものです。

その誤った感情が纏まっている状態なのです。だからこそ解くことが大事なのです。

これこそがコンプレックスをプラスに活用する本当の意味です。

以下の2つ曲を聞いてみてください。

未来へ – Kiroro(キロロ)

想い出がいっぱい

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)